60歳以上の薬剤師は精神科の門前薬局がオススメ

精神科ってどうしてもマイナスイメージ。働いている人から見ても。

四年ほど前に精神科で働いていて、結婚を機に医療療養型病院へ転職し、また今度引越しをして

私の実家近くにある精神科に勤めることになったのですが、やはり四年経っても精神科は精神科なのかなぁ、って思ってしまいます。

 

患者さんが急に具合が悪くなって、検査してみたらどうやらイレウス(腸閉塞)じゃないかなぁ? となったんですが、

驚いたことに、話がそこで終わったんです。

え、イレウスでしょ? 普通は速攻で救急車呼んで緊急手術じゃないの……?

と私は思ったんですが、みんな「そっかぁ」という反応。

確かにその患者さんがもう高齢で、とても手術に耐える体力がないことは私にも想像は付きましたし、

もしかしたら手術はできないかもしれないなぁ、と思ったのは事実なのですが「そっかぁ」ってあまりにも酷くないですか?

私も病院での経験がそんなに長いわけではないので、私の看護師としての判断が間違っているのかもしれませんが、

少なくとも道徳的、倫理的に明らかに間違った反応じゃないのかなぁ、と感じてしまいます。

 

医療療養型病棟に勤めているときは、デスカンファレンス等も行いましたし、

患者さんの家族さん自体が結構お見舞いに来てくれたりして、すごく平和な病院だなぁ、と感じていました。

以前精神科に勤めているときも通常ありえないような事故が起こったことがありました。

観察室、要するに保護室に入院している患者さんが急変してしまったんです。

もともと重度の統合失調症を患っていたため意思疎通自体が難しく、とにかく一刻を争うということで

原因が分からぬままに他の病院へ搬送したのですが……

なんと、自分の入れ歯が喉に詰まっていたんです!

私は直接その時出勤していたわけではないので何とも言えないのですが、

そもそも入れ歯が喉に詰まってれば分かるだろうとか、入れ歯がないこと自体には気づかなかったのだろうかとか、

様々な思いが心の中を巡りました。

 

まだ就職したばかりですし、他の精神科がどうなのかはわかりませんが、少し不安に感じてきちゃいます。

薬剤師とい言うか、人間としての倫理観、忘れないようにしなきゃ!

もし、退職して60歳以上の薬剤師の方がいらしたら、当薬局で募集しています。

⇒<薬剤師求人60歳以上