ぽっちゃりでも大丈夫!婚活を始める友人を応援したい

ド田舎に住む友人は、出合いが全くなかった。
そんな友人に、近所の人がお見合いの話を持ってきてくれた。
断る理由もなかったから、友人は話を受けた。

相手の方は可もなく不可もなく、普通の人だったらしい。
友人より少し年上だし、真面目な方だったようで2回ほど会い、結婚を前提にと言われたので断る理由もなかったらしく承諾した。
とんとんと話は進み、結納をした。
友人は相手の事なんて何も知らなかった。
これから、知ればいい。と思っていたらしい。

相手の方は、とても仕事が忙しいらしく、1ヶ月連絡がない時があったそうだ。
その時、友人が私に「このまま結婚していいのかな。流されてるだけじゃないのかな。」と言った。私もそう思ってた。

私は友人にアドバイスし、友人は相手の方に「あまりにアナタの事を知らなすぎて、これでいいのか分かりません。コミュニケーションが取りたいんです。」と話したけれど、相手の方は、「両親もこんな感じで結婚したから、これで大丈夫!」と言ったそうだ。
友人は、時代が違うからこれでは嫌だと言ったけど、相手の方には伝わらなかった。
お金に対する価値観も違ったようで、お金の話をする事もすごく嫌がっていた。

友人は、すごく辛がっていた。
でも、日はどんどん過ぎていく。

友人は、近所や親戚の人達が「おめでとう、おめでとう」と喜んでくれている事に、苦しくて仕方なかったようだった。

私は何度も「そんな人おかしいから、やめな!」と言ったけど、友人は止める勇気がないと言った。
喜んでくれる人がいるから、止めると言えなかったのだ。

友人は泣く事が多くなり、どんどん暗くなっていった。

結婚式がもうすぐという時、友人はやっぱり無理だと思った。
相手の方に、自分が辛いこと、合わないと思うこと、全てを話した。
相手の方は、「考えさせてください。」と言った。
そして数日後、「この話はなかった事にしましょう。」と言ってくれた。と報告してくれた。
私は「頑張ったね!」と言った。

結婚が破談になり、色々大変だったと思う。
親戚のおばさんから、「もう一生、結婚なんてできないよ!」と怒られたようだか、私はそんな風には絶対に思わない。
なぜなら破談後すぐに、私は友人に婚活サイトを紹介した。⇒⇒婚活サイト ぽっちゃり
少し太っていることを気にしていたようだが、ビックリするくらいの数多くの出会いがあったらしい。

友人には幸せになってもらいたい。
なれる!絶対になれる!

婚活を始めてから、友人は以前のように明るくなった。
着実に前に向かって進んでいる。